W美白成分のビタミンC誘導体とアルブチンってどんな効果があるの?

 

イビサセラムproはビタミンC誘導体+アルブチン『2種類(W)の美白有効成分』に、
『肌荒れ有効成分』のグリチルリチン酸2kが配合されているデリケートゾーン(VIO)専用の美白美容液です。

 

ビタミンC誘導体アルブチングリチルリチン酸2k

 

 

まずイビサセラムproに配合されている有効成分をご紹介する前に、
美白有効成分として有名なハイドロキノンですが、
こちらに書きました通り、
刺激が強いのでデリケートゾーンには使用できません。

 

刺激が強いハイドロキノンはデリケートゾーには使えない!

 

そこでハイドロキノンの安定性と安全性を向上させ、
特に美白有効成分で定評のあるアルブチンがイビサセラムproに配合されています。

 

このアルブチンもトラネキサム酸のようにメラニンの発生そのものを抑える効果があり、
そしてビタミンC誘導体との相性がいいので、Wで配合することによってより美白効果に期待ができます。

 

 

アルブチンで効果が期待できること。

メラノサイト内でチロシナーゼ(酵素)がメラニンに変化するチロシン(アミノ酸)とくっつくのを防止する。

 

トラネキサム酸で効果が期待できること。

メラノサイト活性化因子(プラスミン)を阻害し、メラノサイトへの(メラニンをつくるためのシミ情報)伝達をブロックする。

 

このアルブチンとトラネキサム酸はどちらも、

メラニンができる過程に働きかける!

早い段階からシミを防いでくれる予防美白成分です。

 

 

一方、ビタミンCは壊れやすく不安定でそのままお肌につけても浸透しにくい成分です。
そんなビタミンCを安定化させお肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体です。

 

誘導体にしたことで、もともと空気や水に弱いビタミンCが酸化しにくく、
一般的なビタミンCよりも粒子が細かく吸収しやすいので、皮膚に浸透しやすいんです!

 

そして、活性酵素を抑えたりメラニン還元作用があることから多くの美白化粧品に使われ、
肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを促進・活性化してくれるので、肌質改善にも期待できます。
さらにコラーゲンの生成も促進してくれるので、お肌のハリやトーンにも期待できる美白有効成分です。

 

このビタミンC誘導体は、

できてしまったメラニンを還元する!

色素沈着をケアしてくれる還元美白成分です。

 

 

このようにイビサセラムproは予防美白成分と還元美白成分の2つの成分が配合されている、
W美白のデリケートゾーン専用美容液』なんです!

 

 

そしてこのW美白成分は厚生労働省に『美白の有効成分』として認可されるためには、

 

ビタミンC誘導体2%・アルブチンは3%
この配合量が必要です!

 

厚生労働省に美白の有効成分として許可されるには決まった配合量が必要!

 

 

イビサセラムproは有効成分欄に、
ビタミンC誘導体だけ・アルブチンだけ

 


とかではなく、

 

全成分表には、
有効成分
アスコルビン酸2-グルコシド・アルブチン・
グリチルリチン酸2K
(アスコルビン酸2-グルコシドはビタミンC誘導体です)

 

このように、
ビタミンC誘導体とアルブチンはどちらも有効成分欄に書いてあります!

 

 

なので、
間違いなく2つは美白有効成分として配合されています(^ ^)/

 

イビサセラムproの美白有効成分はビタミンC誘導体とアルブチン。

 

 

だからコストがかかりどうしてもイビサクリームや他の黒ずみクリームよりも高くなってしまうんですね!

 

あと、グリチルリチン酸2Kも有効成分ですが、
美白有効成分ではなく『肌荒れ有効成分』として配合されています。

 

 

ちなみに、アルブチンが美白有効成分で配合されている人気の美白化粧品と言えば、
リニューアルしたばかりの敏感肌化粧品のディセンシア・サエル

 

アルブチンとビタミンC誘導体が美白有効成分で配合されている人気の美白化粧品と言えば、
富士フィルムのアスタリフトホワイト

 

この2つの商品が有名です!

 

 

イビサセラムproに配合されている2つの美白有効成分は間違いない成分なんですね♪

 

有名化粧品にも配合されている成分がイビサセラムproにも使われている♪

 

グリチルリチン酸2kで効果が期待できることって?

 

次に肌荒れ有効成分として配合されているグリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)ですが、
こちらは天然由来の有効成分で、甘草(カンゾウ)の根や茎に含まれています。

 

甘草といえば風邪を引いた時に服用する漢方薬の成分としておなじみですが、
これはグリチルリチン酸2kに強い抗炎症作用があるためです。

 

グリチルリチン酸2kの持つ抗炎症作用は、肌トラブルの解消にも利用されていて、
皮膚科の医療機関では、ニキビの治療薬などとして処方されます。

 

またこの成分は多くの敏感肌化粧品にも配合されていて、
グリチルリチン酸2kを使った敏感肌向けの化粧水や洗顔石鹸は、
肌が炎症によって荒れるのを予防・改善する効果が期待できます。

 


上でご紹介した敏感肌化粧品メーカーとして有名なディセンシア・サエルや、
アスタリフトホワイトにも配合されています^ ^

 

 

そして、
イビサクリームやイビサセラムのような黒ずみケア商品にもグリチルリチン酸2kは配合されています!

 


と言っても、グリチルリチン酸2kに美白作用そのものがあるわけではありません。

 

 

では、グリチルリチン酸2kが美白ケアにもたらす具体的な働きは何かと言いますと、

 

メラニンはそれ自体がシミや黒ずみの原因ですが、
実は紫外線や摩擦などの刺激によって肌が炎症を起こした際、
さらなるダメージから肌を守るために生成されるものなのです。

 

当然、刺激が強いとその分だけメラニンの分泌量も増え、
時としてターンオーバーによって細胞が入れ替わっても取り除かれないことがあります。

 

これがシミや黒ずみの正体です。

 

グリチルリチン酸2kは、抗アレルギー作用や抗炎症作用によって肌の炎症を抑えます。

 

そしてその結果、

 

メラニンの生成量を減らし、黒ずみやシミの改善をサポートしてくれます!

 

グリチルリチン酸2kはメラニンの生成量を減らし、黒ずみやシミの改善をサポートしてくれる有効成分!

 

 

ビタミンC誘導体とアルブチン、
そしてグリチルリチン酸2kと相乗効果が期待できる、
予防美白と還元美白の3つの有効成分を組み合わせることによって、
より効果が期待できるデリケートゾーンの黒ずみ美白美容液になるんですね!

 

 

 

そんな夢のような美白セラムが、

イビサセラムproなのです^ ^

イビサセラムpro

デリケートゾーン専用の高級美白セラムのイビサセラムプロ!

イビサセラムpro

イビサセラムプロをお試し!

 

 

 

 

トラネキサム酸はできてしまった黒ずみに効果があるの?

 

 

 

 

※美白…メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐこと。
※浸透…角質層まで。

 

「個人の感想で効果を保証するものではありません。」
イビサセラムプロに限らず実感するには個人差があり、日数も異なります。